【知らなかった】雪国の常識?気を付けるべき暮らしの鉄則~駐車編~

 

今日は大晦日☆

 

 

 

蒜山では予報にあった通り

 

昨晩からものすごい雪が降りまして、

 

 

 

一晩で約70㎝ほど、積もりました。

 

 

 

 

 

朝一番に雪かきです。

 

 

 

 

車がー( ;∀;)

 

もうどこから手をつけたらいいのかわかりませんね

 

 

 

よくお客様から、

 

「雪の時、いつも通り普通に駐車して平気ですか?」

「特別にしたほうがいいことありますか?」

 

 

と質問をいただきます。

 

 

 

雪国ならではの知恵。

 

 

『駐車の際、気を付けること』

 

お教えします!

 

 

 

 

 

 

 

 

①バックで駐車せよ

 

 

当たり前ですが、前向き駐車してしまうと

バック発車になってしまいますよね。

 

上の写真のように雪で埋まってしまった時、

バックのまま発進させるのって

結構怖いです。

 

なので

バックで駐車する

ことをオススメします!

 

 

 

②ワイパーを上げよ

 

 

これはご存じの方も多いですよね。

 

上の写真にもあるように、

ワイパーはピーンと!

上げておきましょう。

 

 

 

③サイドブレーキ(ハンドブレーキ)はかけない

 

 

これ、意外と知らない方多いのではないでしょうか!

 

普通、駐車するときは

サイドブレーキをかけて、ギアをパーキングに合わせますよね。

 

 

しかし、なんと

寒冷地でサイドブレーキをかけてしまうと、

ブレーキのロック部分が凍ってタイヤとくっついてしまうのです。

 

 

こわい”(-“”-)”

 

 

 

なので冬場は、

ギアだけパーキングにして、サイドブレーキはかけない

ことをオススメします。

 

 

 

④安全な場所に駐車せよ

 

 

 

当たり前ですね。

 

 

 

ですが、見落としがちです。

 

そして

これこそが一番大事。

 

 

 

傾斜はないか。

 

屋根からの雪が落ちてこないか。

 

 

これはマストで確認してください!

 

 

 

傾斜があるところに停めてしまうと

発車させようとしたときに

スルスルとタイヤが空回りしたり滑ったりして危険です。

 

 

 

屋根からの雪にも注意です。

 

 

ズズズッと大きな雪の塊が突然落ちてきます。

本当に突然です。

 

 

 

 

屋根から落雪直後。まだ落ちてきそう。こわい。

 

 

雪かきをしている時や

玄関から出て車に向かう時などにも

注意が必要です!

 

 

一人でいる時に雪が落ちてきたりなんてしたら・・・

 

 

考えただけで恐ろしい・・・。

 

 

 

 

以上4点!

ご紹介しました。

 

 

今回は駐車編でしたが、

家の中編もあります。

 

例えば、

 

 

給湯器の電源は切っちゃダメ!?

水は出しっぱなしで寝る!?

 

 

などなど。

 

 

 

そちらはまたの機会に!

お伝えします!

 

 

 

それでは皆様、

よいお年を~☆

 

 

 

———————————

蒜山の最新雪情報も随時更新しております。

合わせてご一読ください^^

 

 

 

公式Instagram、ツイッターもございます!

蒜山の様子をリアルタイムでお伝えしています。

フォローお願いします☆彡

 

 

気になる👀蒜山の最新・雪情報はこちら

蒜山の寒さに備えよ!防寒対策のすすめはこちら

大雪すぎて建設車を呼んだ日の動画(公式youtube)

https://youtu.be/vi-YMwfBowU

Top